生活介護

地域とのつながりを大切に

~意欲的に生き活きと『自立する力』を支援~
常時介護を必要とする方に通所により、心身の状況に応じた日常生活上の支援や介護、生活に関する相談・助言など、障がい者の社会参加と地域での安定した暮らしの実現へのサービスを提供します。創作活動・生産活動の機会の提供・適切な技術をもって身体機能や生産能力向上に必要な支援を行い、多彩な活動を通して、一人ひとりの自立心を尊重します。


生活支援

食事・更衣・歯磨き・排泄等の日常生活動作全般を通した生活能力の維持・向上の支援を行います。集団生活や社会への適応力向上を図り、健康的な心身の状況を保つため、一人ひとりに寄り添った活動を提供します。

創作活動

利用者の感性や豊かな表現力に着目して、個性を尊重しながら表現することへの「楽しさ」「喜び」を実感する働きかけを行います。活動の成果を積極的に発表・発信して、多くの人との交流を図ります。

生産活動

安全に配慮した作業種目・工程を提供し、協力して取り組む大切さ・達成感を実感できる活動を行い、作業の成果を工賃として支給します。多機能型の利点を生かし、就労継続支援の利用者との協働の機会も設けています。

身体介助及び機能訓練

日常生活動作全般の介助及び援助を行います。車いす・座位保持いす利用者には、SRCウォーカー等の歩行支援補助具などを使った歩行訓練、身体のストレッチ運動等を行います。


感性の輝き

芸術性・音楽性・一人ひとりの表現力が融合し 笑顔と個性があふれます

アートグループ ~作業室はアトリエへ「ちぎり絵」共同制作に取り組んでいます~
作品制作のテーマから、イメージする微妙な色の濃淡を調合し、手ちぎりの繊細な切り口の表情を感性と情熱で重ね合わせます。1作品(模造紙2枚分:109㎝×158㎝)の制作期間は概ね1か月。塗る・ちぎる・貼る、それぞれの工程に得意分野で取り組み、40~60色が散りばめられた迫力ある作品には、趣きと温かさ溢れる感性の輝きがほとばしります。“花の実園さくらまつり”の舞台背景や“習志野市福祉ふれあいまつり”の会場装飾等、大型作品も制作し、多くの人に活動成果を発信しています。また、「アートフレンズ展」への出品や市役所・公民館等の常設展示など、作品と共に利用者が外に出て交流することが、活動の源泉であり宝物です。花の実園玄関ロビーボードでは新作品を毎月展示しています!
ちぎり絵カレンダー(壁掛け・卓上)も制作販売 ~ 是非、作品の魅力をお手元に ~


音楽で活発な地域交流 音楽活動「手話ソング」「楽器演奏」etc利用者のリクエストから楽曲を選び、音を楽しみ体を動かす言葉を越えたコミュニケーション。自然と心も笑顔も弾みます「音楽のまち習志野市」近隣小中学校との交流も音楽がより豊かな絆を深めています。新たな創作活動にも利用者と共に意欲的に開拓中。活気ある明るく賑やかな活動を『楽しく』展開しています。
心身の健康 気持ちリフレッシュ 身体機能の維持・向上の機能訓練として、身体のストレッチ等や車いすの方への歩行訓練などを継続的に行います。毎年秋に開催される県障がい者スポーツ大会に全員で参加し、他事業所との交流も深めながら、青空の下、存分に身体を動かし、外出活動でのリフレッシュも図っています。
季節を感じ 笑顔で心地よい毎日 一人ひとりの心身の状況に応じ、安易な先回りした援護をせず、自立する力を尊重します。笑い合い、支え合う、気持ちよい日常生活の実現と、自分らしく生きることを支援します。風を感じるウォーキングの継続、夏のプール活動など、体力維持にも楽しみながら取り組んでいます。
協働の喜びと達成感を 総合福祉センター敷地の芝刈りと清掃・エリア新聞配達の他室内作業など、様々な作業に利用者と職員が共に取り組み、汗を流します。丹精込めて土づくりから栽培する新鮮野菜の美味しさ・ちぎり絵カレンダーの優しい温もり感をたくさんのお客様に販売させていただき、喜びの声が届いています。

生活介護 重要事項説明書